Masahiro Sono
カテゴリ:書評( 9 )
カヴェンディシュ選手のゴールシーン
『春のクラシックレース』が終わり、いよいよ『ジロ・デ・イタリア』も始まり、本格的な自転車シーズン突入ですね。

ところで、『サイスポ(CYCLE SPORTS)』の4月臨時増刊号『CICLISSIMO』にちょっと気になる写真が載っていました。
f0116066_1249537.jpg


それは、カヴェンディシュ選手のゴールシーンです。

腕を挙げる角度といい、肘の微妙な曲げ具合といい、足はペダルを回しているのでたまたま逆に写っていますが、これはどう見ても『グリコ』のマークそのもの!

もしかして、彼は僕と同じ『グリコ』のサプリメントの愛用者?
f0116066_12485877.jpg


それとも、単なる偶然?(笑)
[PR]
by DrSono | 2012-05-07 12:52 | 書評
「アホ」がプロ野球を滅ぼす
『「アホ」がプロ野球を滅ぼす』
f0116066_1910337.jpg


題名がいかにも“エモやん”風ですが、内容はしっかりしたものです。

日本プロ野球だけでなく、日本プロ野球を取り巻く野球界の改革について書かれているのですが、僕も全く同意見!

“エモやん”頑張ってやー。

プロ野球ファンは、もちろん、野球ファン必読の書です!
[PR]
by DrSono | 2012-03-23 19:10 | 書評
『ミレニアム』の文庫本が出版
やっと『ミレニアム』の文庫本が出版されました。

…で、「2」と「3」を一度にまとめ買い!
f0116066_19551935.jpg

2年前に「1」は単行本で読んで、めっちゃ面白かったので、すぐ「2」も読みたかったのですが、文庫本が出るまで…と思っていたら、今になってしまいました。

なんと言っても、主人公の女の子の“リスベット”がイイ味出していて、面白い!

内容は、ちょっとヘビーやけど…。

読んでいると、コーヒーが飲みたくなって、ついついコーヒーを飲む回数が増えます。
f0116066_1955214.jpg

…何故かは、読めば分かります。(笑)

映画は見ていませんが、どんな感じに映像化されているのか興味もあるので、映画館に足を運んでみたいと思います。
[PR]
by DrSono | 2012-01-20 19:56 | 書評
我がサイクリング人生
先週、梅田の本屋さんで『我がサイクリング人生』という本を偶然見つけて、現在読んでいる途中ですが、読み進むにつれ自転車ツーリングに対する興味がメラメラと…。
f0116066_21504055.jpg

この本は、3部作になっているのですが、書店にはこの一冊しかありませんでした。

そこで、残りの2部も出版社に発注してもらうことにしました。

この本の著者の樋口正さんは70歳になっても、日本全国を自転車でツーリングして廻られています。

この本を読んでいて、僕もつくづくそう有りたいものだと思うと同時に、非常に感心させられます。

本には、著者が走られたコースや走行距離や日程も書かれているので、ツーリングを考えている人には大変参考になります。
f0116066_21505957.jpg

僕も、将来今の仕事をリタイアしたら、この本を地図帳替わりに「自転車の旅」っていうのをしてみたくなりました。

そのためには、いつまでも健康で若々しく居なければいけません。

やはり、日々の「アンチエイジング」により一層励まなくては…と思う今日この頃です。
[PR]
by drsono | 2009-08-31 21:53 | 書評
運動不足
この梅雨の時期は天気が読めないのと、出先でゲリラ豪雨というのもイヤなので、自転車に乗れていません。

ついつい、運動不足がちになってしまいます。

こういう時は、家の中でもできるトレーニングをと思って、モーグルの上村愛子選手の『スキーがうまくなるカラダのつくり方』という本を買って帰ったところ、家に、2年程前に買っていたアルペンスキーの皆川賢太郎選手の『スキー完全上達』という本も、同じ出版社から出ていたことに気付きました。
f0116066_1621476.jpg

偶然なのですが、なんだかちょっと幸せな気分に成りました。

そうです!

このお二人、先日、婚約発表していましたよね。

本の内容でも、スキーの上達法で共通する考えを持っているようですし、二人とも種目は違うけど、世界で活躍するスキーのオリンピック選手同士、いろいろ共感するところが多かったのでしょうね。

「この二人の間に、将来生まれてくる子供は、さぞかし凄いスキー選手になることだろうナー。」と、あまりにもベタな発想をしてしまう自分に少しがっかりさせられますが…。

やっぱり、ちょっと気になりますよね。
[PR]
by drsono | 2009-07-03 16:24 | 書評
ツール・ド・フランス3部作
以前、紹介した2冊に加え、今日、通勤電車の中で『ツール・ド・フランス黄金時代』も読破しました。
f0116066_1995970.jpg

これで、この春(2009年3月)「えい文庫」から出版されたツール・ド・フランス3部作すべてを制覇しました。

この3冊、並べてみると、本の帯が、右から総合優勝者が着る黄色のジャージ「マイヨ・ジョーヌ」、山岳賞の赤い水玉ジャージ「マイヨ・ブラン・ア・ポア・ルージュ」、スプリント賞の緑色のジャージ「マイヨ・ヴェール」になっていて、ツール・ファンにはたまりませんよねー。
f0116066_19101959.jpg

出版社の心憎い演出ですよねー!

…でも、ちょっと待ってください。

新人賞の白いジャージ「マイヨ・ブラン」だけが無いのはナゼ???

ツール・ファンなら、なおさら気になってしまいますよねー。

何で?

どうして?

何でなの?

めっちゃ気になるー!

これも、出版社の演出の一つでしょうか?

まんまと、その演出(罠)にはまってしまっているようです。
[PR]
by drsono | 2009-04-07 19:16 | 書評
勝谷誠彦の知られてたまるか!第二弾!
出ました!

関西ミシュラン「知らたま」第二弾!
f0116066_1158281.jpg

先日も、この本(第一弾)に載っていた中津にあるビストロに行って来ましたが、めっちゃ良かった。

穴場チックで雰囲気も良く、ワインが進む最高の料理でした。

近い内に必ずまた行こうと思っています。

今回の本には、何回か行ったことのある、北新地の焼き肉屋さん(ここも、見つけにくいお店です)が載っていましたが、その一軒以外は、知らないお店ばっかりで、今後もこの本を、お店選びの参考にしたいと思っています。

今まで、この本に載っているお店に、何軒か行きましたが、ハズレたことは、一度もありません。

今や、僕にとって、バイブルのような存在になっています。

この本の中での、勝谷誠彦さんの決めゼリフが「探せるもんなら探してみ。」ですが、この本は、今なら書店に行けば山積みされていますので、探さなくても、すぐ見つかります。
[PR]
by drsono | 2009-02-07 11:56 | 書評
自転車ひとり旅「行かずに死ねるか!」
世界9万5000km自転車ひとり旅「行かずに死ねるか!」(石田ゆうすけ著)という本を読み終えました。
f0116066_1529765.jpg

あまりの面白さに、読み始めてからすぐ石田ゆうすけさんの本をあと二冊買い足しました。

後の二冊はこれからです。

自転車で世界を7年半かけて旅するという内容です。(やっぱり自転車…)

もちろん波乱万丈ですが、笑いもあり、人情にぐっとくる場面もあり、まさに傑作です!

それに関西弁がまた共感が持てます。
f0116066_15292890.jpg

大学の卒業旅行にヨーロッパを1ヶ月間リュックを背負って、ひとりで貧乏旅行した時のことを思い出しました。

僕の場合、寝台列車の隣りの部屋の日本人がおそわれて、夜中に列車が止まったり…、目の前を歩いていた老紳士が引ったくりに…、詐欺師に引っかかりそうになったり…、あまりに汚い格好だったのか、警官に路上でボディーチェックを受けたり…、睡眠薬強盗にあった日本人に会ったり…。

同じような話がこの本にも出ていましたが、僕の旅よりずっと波乱万丈で、すごく羨ましく思いました。

危ない目に遭うことを羨ましがるって、おかしいでしょう?

でも、ひとり旅をする人って、どれだけ自分が危ない目に会ったかを自慢し合うものなんです。

そうですよね、石田さん。(笑)
[PR]
by drsono | 2007-06-27 15:30 | 書評
ちょい太でだいじょうぶ
がんばらない」などの著者で医師の鎌田 寛さんが「ちょい太でだいじょうぶ メタボリック・シンドロームにならないコツ」という本を出されました。
f0116066_14124110.jpg

その中でBMIが24~26ぐらいの人が一番長生きしているとのことです。(BMI25以上が肥満)

つまり、ちょい太でいいということです。

さらに、鎌田さんは

「健康というのは道具であって、健康そのものが人生の目的ではないはずです。人生は楽しむためにあるのです。人生を楽しむために健康という道具があるのに皆、健康のためにいろいろなことを我慢しすぎています。」

とも言われています。

僕もその通りだと思います。

美味しいものを食べるのも楽しみの一つですよねー。

でも、それを我慢するというのはどうでしょう?

いろんな国の美味しいものを食べていろんな文化に触れて楽しむことも大切ですよねー。

昔は今のように、いろんな国の食事を楽しむなんてことは出来なかったのですから。

今は本当にいい時代ですよね。

今は、いろんな情報が溢れていて、使い方ひとつで人生をもっと楽しくすることが出来る時代だと思います。

スポーツを楽しむ為の健康管理と、長生きする為の健康管理とはやはり違います。

スポーツも激しくすると酸素をたくさん吸って活性酸素が増えて細胞がサビて、返って老化すると言われています。

なので、僕はせっせとビタミンC.B.EとCoQ10(コエンザイムQ10)を摂っていますが、逆にスポーツすることでストレスが解消され、活性酸素が抑えられ老化を防止する効果もあります。

ややこしいですね(笑)。

つまり、無理せず楽しく過ごすことが体にいいのではないでしょうか?

バランスですよね。

でも、あまり太るとおしゃれな服が着れないし…。

体型はやっぱり気になるし…。

少しは我慢も必要かなぁ?

太りすぎもダメですが、ダイエットのやりすぎ・気にしすぎもよくありません。

何でもやりすぎはよくないですよね。

鎌田先生の本も参考にしてみてはいかがでしょうか?
[PR]
by drsono | 2007-04-17 14:16 | 書評



大阪のソノクリニック院長 薗雅宏のブログ
by DrSono
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
薗 雅宏 masahiro sono
日本形成外科学会専門医

昭和38年、大阪府豊中市に生まれる
昭和57年、金蘭千里高等学校卒業
昭和63年、近畿大学医学部卒業、近畿大学医学部附属病院形成外科入局
平成7年、形成外科専門医取得
平成9年、若草第一病院形成外科医長
平成11年、ソノクリニック開業

形成外科・美容外科・皮膚科・レーザー治療科 ソノクリニック
http://www.21vin.com/


ソノクリニック

サイクリストのための美容講座
無類の自転車通である薗 雅宏がお届けする、サイクリストのための美容講座
カテゴリ
タグ
以前の記事
検索
ライフログ
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧