Masahiro Sono
タグ:Mt.富士ヒルクライム ( 21 ) タグの人気記事
ヒルクライム特集
Mt.富士ヒルクライム』まで、あと2週間となったこの時期、3大自転車雑誌ともそれを当て込んでか、みごとに各誌“ヒルクライム特集”!
f0116066_2125127.jpg

僕のように、少しでも速くなることを期待して、藁にもすがる思いで“3誌まとめ買い”した人は、きっと多いはず?

読んで速く成れればいいのにねぇー。

もう時間がないけど、いろんなトレーニングを全て試してみるかぁー?

あぁ~、完全に『ドロ縄』状態!

焦りまくり!

…「そんなん毎年のことで、慣れっこやろー。」ってか?

「ハイ。その通りでございます。」(笑)
[PR]
by DrSono | 2012-05-21 21:28 | 自転車
サドルをカーボンにしてみました
間近に迫った『Mt.富士ヒルクライム』に備えて、サドルをカーボンにしてみました。
f0116066_108654.jpg


いわゆる軽量化ですが、お尻が痛い!

1時間半ぐらいまではなんとか我慢できましたが、それ以上はサドルの上にお尻を乗せていると痛いので、平地でも意味無く坂でも無いのにダンシング(立ち漕ぎ)してみたり…。(笑)

サイクルパンツの下にインナーパンツを履いて、掟破りのパッドの二枚重ねをしたいぐらいでした。

まぁー、慣れるしかないかぁー。
[PR]
by DrSono | 2012-05-17 10:04 | 自転車
Mt.富士ヒルクライム』に出て来ました
昨日は『Mt.富士ヒルクライム』に出て来ました。
f0116066_16234484.jpg

f0116066_16234698.jpg

年齢別のカテゴリーの参加権がゲット出来なかったので、仕方無くアスリートクラスで申し込みをしましたが、アスリートクラスは「1時間15分以内に完走出来る人」という条件付きだったので、実のところ、出場しようかどうか迷っていました。

実際に、当日スタートしてみると、僕と同じくらいの速さの人もけっこういて、内心ホッとしました。(笑)

結果は、一昨年の1時間37分台から、1時間31分台までタイムを縮めることが出来ましたが、1時間30分の壁は、未だ破ることが出来ていません。

まだまだ限界にも達しておらず、もっと自分を追い込まないと…と思いました。

ステムの文字は、息子の野球用品を買いに行った時に見つけたエナメルバックに貼るメッセージ・シールを、切って並べ替えて貼ったものです。
f0116066_16234510.jpg

「これ、ヒルクライムにぴったりの言葉やん…」と思って、ステムに貼って、レースに臨んだのですが…。

きっと、神様が、僕に「もっと練習しろ!」って、おっしゃっているんでしょう。

でも一方、完走して五合目で味わえる達成感は、タイムに関係なく、みんな一緒!

何物にも換えられないものです。

今年の『チーム・サカタニ』は、年齢別カテゴリーの優勝1名、準優勝1名、入賞2名と、表彰式をピンクのサカタニカラーで彩り鮮やかに、そして、関西のチームらしく、明るく盛り上げました。
f0116066_16234597.jpg

僕は、表彰台の下で拍手をしていただけですが…。(笑)

天気の方は今一つでしたが、雨に降られることはなく、富士山も「こそばいやんけ!自転車で山を登るって、そんな疲れることして、何が楽しいねん?」って感じで、時折、チラッチラッと顔を覗かせていました。

走り終えてから、チームの仲間と一緒に食べる『うどん』は、これまた最高!
f0116066_16234699.jpg

来年も、また挑戦します!
[PR]
by drsono | 2011-06-13 16:28 | 自転車
Mt.富士ヒルクライム
残念!

『Mt.富士ヒルクライム』のエントリーが、定員いっぱいで出来ませんでした。(泣)
f0116066_14205892.jpg

それにしても、すごい人気ですねー。

年々、エントリーが困難になって来ているように思います。

来年、またトライしてみます。

それまで、じっくりトレーニングをつんで目標の“1時間30分切り”を目指します!

いっそのこと、来年の『Mt.富士ヒルクライム』は、春と秋の2回にするとか、『東京市民マラソン』のような「チャリティー枠」を設けるっていうのは、どうでしょうか?

「チャリティー枠」で集まったお金は、富士山の環境保全のために使うっていうことにして…。

これだけの人気イベントなので、「チャリティー枠」もアリだと思います。

ちなみに、『東京市民マラソン』の「チャリティー枠」は、かなり空きが残ったそうですが、海外の有名市民マラソン大会では、かなりの数の参加枠がチャリティー枠で、そのチャリティー枠も完売になるそうです。

こういうのを聞くと、日本は、まだまだって感じですよねー。

日本でも、『24時間テレビ』だけではなく、そういったチャリティーイベントが沢山できて、チャリティー精神が根付くとイイですよねー!
[PR]
by drsono | 2011-03-04 14:20 | 自転車
息子の少年野球
残念!

Mt.富士ヒルクライム』を欠場してまで、応援に行った準決勝戦(息子の少年野球)は、1対2のサヨナラ負け!

大興奮したイイ試合でした。

でも、やっぱり勝ちたかったー。

『Mt.富士ヒルクライム』にも出たかったー!

昨日も、通勤で清滝峠を自転車で上り下りしたけど…。
f0116066_1021329.jpg

富士スバルラインを上りたかった~。

これが、幻のチケットです。
f0116066_10212776.jpg

来年は使えないでしょうね…。

やっぱり…。
[PR]
by drsono | 2010-06-07 10:21 | スポーツ(その他)
苦汁の決断
昨日、息子の少年野球チームが、大会準決勝進出を決めました。

その準決勝戦、勝てば決勝戦が、6月6日に行われることになり、同じ日に参加する予定にしていた『Mt.富士ヒルクライム』とバッティングしてしまいました。

息子は、3番ピッチャーで頑張っていて、その本人から「試合を見に来てほしいなぁー。」って言われると…。

そこで、僕の中では今や年間行事の一つとなっている一大イベントの『Mt.富士ヒルクライム』を欠場するという苦汁の決断を迫られることになりました。

めっちゃ、後ろ髪を引かれる思いですが…、ここは、父親として可愛い我が子を優先すべきなのでしょう。

んん~ん。父親はつらーい。

でも、少年野球って、すごく興奮しますよ!

プロ野球中継を見るより、息子の少年野球の試合の方が楽しみな、今日この頃です。

ところで、昨日、別の試合で、チームが持っている審判服を借りて塁審をしましたが、どうも、審判服がしっくりきません。

でも、僕的には、それでOK。

だって…、審判服って、お腹が出ていて、少し太めの人の方が似合うでしょう?(笑)
[PR]
by drsono | 2010-05-31 15:11 | スポーツ(その他)
トレーニング不足
昨日の休みは雨のため、自転車に乗れませんでした。

あと2週間程で『Mt.富士ヒルクライム』があるというのに…。

体重は減らないし、トレーニング不足やし…。

夜、ローラー台に乗ろうと思っていても、『ジロ・デ・イタリア』を見ながら、ソファーで意識喪失して、気が付いたら朝やし…。

アァ~、どうしよう?

焦りが、よけいプレッシャーに…。

ファンライド』6月号の別冊付録の中の、シャ乱Qまことさんの、「ぼくはこうして1時間30分を切った!」を読んで、イメージトレーニングだけでもしっかりと…。
f0116066_21192377.jpg

この記事、すごく参考になりました。
f0116066_21343345.jpg

あとは、トレーニング不足をどれだけ普段のジテツウ効果で補うかですよねぇー!

目標は、シャ乱Qまことさんの言うように、1時間30分を切ることですが、今中さんも言うように、とりあえず1秒でも自己記録を更新したいですよねぇー!

…アカン!

ますます焦ってきたぁ~!
[PR]
by drsono | 2010-05-21 21:37 | 自転車
『Mt.富士ヒルクライム』最高!!
昨日、富士山で『Mt.富士ヒルクライム』がありました。

今回は、5481人のエントリーがあったそうです。

年々参加者が増えて、今や超人気自転車イベントの一つです。

大会前日のイベント会場の『インターマックス』のブースで帽子を買ったら、今中大介さんが目の前で、その買った帽子にサインをしてくれました。
f0116066_1463986.jpg

f0116066_146593.jpg

その後「明日は、お互いがんばりましょう!」と言って、握手までしていただきました。感激です!

さて、大会当日はというと、みごとな快晴で始まり、終始富士山を見ながらレース出来ました。
f0116066_14103190.jpg

僕自身は、カンパ・スーパーレコードのコンパクトドライブに11速(11-23)のリヤギヤとの組み合わせが功を奏し、自己記録を7分近くも更新することが出来、1時間37分でした。

もしかして、実力派サイクリストの証「1時間30分切り」も夢ではないところまで来たかも?

先日、ブログで11速の効果はいまいち分からないと書きましたが、クロスレシオにすることで、細かい斜面変化に合わせてギヤが選択できた事がタイムアップの要因ではないかと思っています。

やっぱりカンパに変えて正解でした。

今回、チームサカタニは、大阪狭山店から4名、滝谷店から9名の総勢13名で参加しました。
f0116066_1411960.jpg

一年ぶりに会場で滝谷店のファンキーなメンバーと会えて、めっちゃ楽しかったです。

やっぱり、楽しい事は一人で楽しむよりも、仲間と大勢で楽しむ方が、楽しみも集まった人数以上のものに膨れ上がって、盛り上がりますよねー!

レース後は、Mt.富士ヒルクライム恒例の地元名物『吉田うどん』を富士山を見ながらいただきました。
f0116066_14113610.jpg

これがまた、みんなで食べると美味しい!

『Mt.富士ヒルクライム』最高!!
[PR]
by drsono | 2009-06-08 14:19 | 自転車
自転車の変速機をスーパーレコードに変えました
僕は、『Mt.富士ヒルクライム』に向けて、自転車の変速機をシマノのデュラエースからカンパニョーロのスーパーレコードに変えました。
f0116066_16394744.jpg

(猫に小判、ぶたに真珠?まー、ここはひとつ大人買いってことで、お許しを…)

さて、実際乗ってみた印象はといいますと、変速機能はシマノのデュラエースの方がパシパシ切り替えできます。

想像するに、最近シマノが出した電動デュラエースなんか、もっとストレス無く切り替えられるのでしょねぇー。

それに対して、カンパ(カンパニョーロ)の方は少しグニャと切り替わる感じです。

特にリヤのギヤを軽くする時には…。

10速と11速に関しては、僕のレベルでは「そりゃ、多いにこしたことないやろ。」っていう程度です。

性能で選べばシマノかなぁ?

さすが、日本の技術!って感じです。

でも、見た目はカンパにして、自転車が断然カッコ良くなりました。

フロントギヤとクランクの形は絶対カンパですし、ブレーキレバーの曲線がセクシー!
f0116066_16403424.jpg

そのせいか、レバーに指をかけた感じや、ブレーキレバーの上を握った感じはカンパの方が手にしっくりきます。

芸術的です。

それに、シマノのデュラエースからカンパのスーパーレコードに変えて、自転車の重量も、けっこう軽くなりました。

まー、どちらも世界的に有名なトップクラスのパーツメーカーなので、どちらを選んでも間違いないのでが…。

ただ…、決定的な違いが一つだけ!

カンパにあってシマノの無いもの…。

それは、『ワインオープナー』です。
f0116066_16412052.jpg

何でワインオープナー?と思われるでしょうが、これは無視できない点です。

カンパに負けないためにも、真に「世界のシマノ」となるためにも、是非ここは、シマノに「電動ワインオープナー」の開発を切にお願いする次第です。(笑)

実は、今僕が一番欲しい物…それは、カンパニョーロのワインオープナーです。
[PR]
by drsono | 2009-05-27 16:44 | 自転車
奈良県名物の「柿の葉すし」
只今、Mt.富士ヒルクライムに向けて愛車の「ルック595」がチューンアップの為「サカタニ自転車」に入院中です。

そこで昨日、もう一台の愛車の「ビアンキ」で往復100kmの道のりを、自走でお見舞いに行ってきました。

その道中の竹内峠の奈良県側の麓に以前コンビニだった所が奈良県名物の「柿の葉すし」のお店に変身していました。
f0116066_1244269.jpg

店内の一角には、中で「柿の葉すし」が一個から注文出来て食べられるテーブル席が設けられていて、お茶と食後のコーヒーまで付いてきます。
f0116066_12445377.jpg

サイクリングやドライブの途中に休憩がてら立ち寄るには、打ってつけだと思います。

GWに、なかなかのオススメ・スポットです!
[PR]
by drsono | 2009-05-01 12:45 | グルメ



大阪のソノクリニック院長 薗雅宏のブログ
by DrSono
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
薗 雅宏 masahiro sono
日本形成外科学会専門医

昭和38年、大阪府豊中市に生まれる
昭和57年、金蘭千里高等学校卒業
昭和63年、近畿大学医学部卒業、近畿大学医学部附属病院形成外科入局
平成7年、形成外科専門医取得
平成9年、若草第一病院形成外科医長
平成11年、ソノクリニック開業

形成外科・美容外科・皮膚科・レーザー治療科 ソノクリニック
http://www.21vin.com/


ソノクリニック

サイクリストのための美容講座
無類の自転車通である薗 雅宏がお届けする、サイクリストのための美容講座
カテゴリ
タグ
以前の記事
検索
ライフログ
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧