Masahiro Sono
タグ:Mt.富士ヒルクライム ( 21 ) タグの人気記事
Mt.富士ヒルクライムの楽しみ方
これは、Mt.富士ヒルクライムのお土産です。
f0116066_13425928.jpg

このお饅頭は、富士山の五合目にしか売っていない物だそうです。

サカタニのチーム員の一人が、去年お土産に買って帰ったら、みんなにとても喜ばれたそうで、それを聞いて、僕もゴール後五合目のお土産物屋さんで買って、リュックに入れて、自転車で持って下りて来ました。
f0116066_13433255.jpg

お饅頭に「五合目」って書いてあって、Mt.富士ヒルクライムで富士山の五合目まで上った証のお土産として打ってつけですよねー。

味の方もバッチグー・でした!

来年もまた、このお饅頭を富士山の五合目まで、買いに行こーっと。

もちろん、自転車で…!

Mt.富士ヒルクライムに出場する時は、お土産物を買うためのお金と、持って下りるためにリュックも少し大きい物を用意しておきましょう。ゴール後すぐ下山するのでなく、五合目で土産物を買ったりして、ゆっくりして、富士山をたっぷりエンジョイしてから下山するといいですよ。そして、下山したら名物「吉田うどん」で最後を締めてください。
f0116066_13435678.jpg

[PR]
by drsono | 2008-06-04 13:49 | 自転車
Mt.富士ヒルクライムに参加
昨日、Mt.富士ヒルクライムに参加してきました。

参加者約4500人のビッグイベントです。

前日の雨がまるでウソのように、当日は朝から晴れ!
f0116066_2074748.jpg

富士山も鮮やかにくっきりと、ベストコンディションでした。
f0116066_2081039.jpg

f0116066_208304.jpg

レース中も、見上げれば富士山、眼下には樹海に山中湖とまさに絶景でした。

レースにも係わらず、キョロキョロしながら富士スバルラインをひたすら上りました。

…ちょっと楽しみ過ぎですか?だって、あまりにも景色が素晴らしくて、気持ち良かったもので…。

結果は、自己記録は更新したものの、目標タイムには及ばず残念でした。来年に向けて、また目標が出来ました。

今年も、チーム・サカタニのメンバーと一緒でした。

総勢10名の大所帯で、レース会場でも一際目立っていました。

ピンクのチームカラーだけでも目立つのに、大阪弁でギャグを飛ばしまくり、ボケとツッコミの応酬…。

スタート前の緊張も、ゴールしてからの疲れも、笑いで吹き飛んでしまいました。

さすが、大阪のチーム!

ゴール後の下りでお会いした僕の憧れの今中大介さんも「楽しそうですねー。(笑)」と、ちょっと羨ましそうでした。
f0116066_2085748.jpg

やっぱり、今中さんはカッコ良かった~!

なんと、その今中さんが、シマノ・レーシング時代に堺市にあるシマノの会社に練習を終えて戻る際に、何度も大阪狭山市にあるサカタニ自転車の店の前を通ったことがあると言うのです。

(結構、細かい所まで覚えておられて、リップサービスではなさそうでした。)

これを聞いて、チーム員一同大興奮!

あの世界最高峰の自転車レースのツール・ド・フランスに出場したことのあるほどの方が、引退後も、自らこうしたイベントで自転車の楽しみ方や素晴らしさを広めていかれている姿には感動すら覚えます。

感激しました。

…下山してから、チーム員みんなで恒例の名物「吉田うどん」を食べて、締めにしました。
f0116066_2094290.jpg

楽しかったー!

チーム・サカタニの皆さんありがとうございました!

お疲れ様でした!
[PR]
by drsono | 2008-06-02 20:13 | 自転車
「Mt.富士ヒルクライム」の秘密兵器
昨夜J-SPORTS放送のジロ・デ・イタリア第16ステージはとても盛り上がりましたね。

中でも、最大斜度24%の激坂をあたかも僕が10%弱ぐらいの坂を上るかのように上っていく姿には驚かされました。

24%の坂といったら、じっと立っているのも難しいぐらいの坂なのに…。

ちょうど、大阪府と奈良県の境の生駒山の「暗峠」並みですね。

僕も「暗峠」には、以前に一度マウンテンバイクで上ったことがありますが、蛇行はするし足も付いてしまうぐらいの坂で、関西のサイクリストの間では有名な激坂峠です。

峠の頂上付近は石畳になっていて、レトロな雰囲気ですよ。

話の種に一度は、上ってみるのもいいと思います。

話を戻して、テレビをよく見ると、半数以上の選手が、鼻の上に何か付けています。
f0116066_14565791.jpg

f0116066_14571164.jpg

少しでも呼吸がしやすいように、鼻の穴を広げるためのテープです。

今度の「Mt.富士ヒルクライム」の秘密兵器として、早速、買って来ました。
f0116066_14572429.jpg

ちなみに、この商品はスポーツ店ではなく、薬局に置いていました。

スポーツの時以外のも、鼻づまり防止や快適睡眠にも効果的だそうです。

実際に付けてみると、本当に鼻で息がしやすくなり、びっくりです!

これは、使えます!
[PR]
by drsono | 2008-05-27 14:59 | 自転車
富士ヒルクライムに向けての最終調整
昨日は、富士ヒルクライムに向けての最終調整のため、自宅から自走でJR玉水駅まで行って、そこから峠を一つ越えて宇治茶で有名な和束に出て、そこから童仙房・三国越展望台までの2つ目の峠を越えて、信楽まで足を延ばして、美味しいうどんを食べて来ました。
f0116066_19243582.jpg

f0116066_19291422.jpg

f0116066_19293251.jpg

JR玉水駅から自転車を飛ばしながら登っていると、単に崩れかけの山も、ブエルタ・ア・エスパーニャに出てきそうな風景に思えてくるのは、なぜでしょう?

和束のコンビニで和束茶とおにぎりを食べて、三国越展望台まで登るのですが、途中の童仙房という所に、サイクリストにとてもありがたい休憩スポットがありました。
f0116066_1925468.jpg

去年、来た時にはなかったのですが、自転車を引っ掛けておく木製のバーや木のベンチがありました。

その前には「この先給水ポイント有りません」と赤い字で書かれた紙の貼ってある山中唯一の自販機もありました。
f0116066_19252112.jpg

(これは、以前からありました。)

また、エネルギーバーなどの補食類もココで購入可能です。

それだけココを通るサイクリストが多いということでしょう。

ココで一休みした後、三国越展望台まで上り少し引き返して多羅尾を経て信楽に出ました。

ココでおやつに疲労回復効果のあるクエン酸補給を兼ねて「梅おろしうどん」を食べて、あとは一気に帰ってきました。

116km…あぁ~疲れた。
[PR]
by drsono | 2008-05-22 19:26 | 自転車
Mt.富士ヒルクライムのチケット
Mt.富士ヒルクライム」の一般エントリーが3月4日から始まったので、僕の大学の後輩がエントリーしようと、5日の今日早速、電話したらしいのですが、すでにもうエントリー受付は終了していたそうです。

ウッソー!ビックリ!です。

それにしても、1日でチケットが売り切れるとは、凄い人気ですねー!

来年あたり、定期購読していても、危ういかも…。

まるでプレミア・チケットですね。

そのうち、ネットで、Mt.富士ヒルクライムのチケットが高値で取引されたりして…。

数あるヒルクライム・レースの中でも、誰もが知っている日本一の富士山に自転車で上るという、とっても分かりやすいコンセプトがイイのでしょうねー。

今回チケットをゲット出来なかった後輩の分まで、頑張って、楽しんで来ます!
[PR]
by drsono | 2008-03-06 11:47 | 自転車
ヒルクライム・バイブル
今、Mt.富士ヒルクライムに備えて、去年買った「ヒルクライム・バイブル」という本を読み返しています。
f0116066_12363682.jpg

f0116066_12365592.jpg

すると、去年読んだ時は、全く気が付かなかったのですが、本の中のレースの写真の右端にチーム・サカタニの選手が映っているではないですか!(ピンクと白のヘルメット、白地にピンクのラインと紺のSの文字のジャージの選手)
f0116066_12372792.jpg

いったい、誰でしょうか?

僕ではありません。

時々、自転車の雑誌の写真にも映っていることがありますが、直接の知り合いでなくても、自分と同じジャージ姿のチーム員を見つけると、なぜだか嬉しいものですね。

僕の場合、引っ越してサカタニ自転車のお店から遠くなったこともあって、チームの合同練習になかなか参加出来ませんが、大会会場で同じジャージ姿に会うだけでも、ホッとするし、気軽に話ができるのはすごくイイですよ。

一人で走っている方も、近くの自転車屋さんのチームに所属してみるのも楽しみが増えてイイと思います。

速いとか遅いとか関係ないですよ、みんな自転車が好きなのは同じですから。

僕なんか、いつもチーム員から温かい目で見守ってもらっています…(笑)。
[PR]
by drsono | 2008-02-27 12:37 | 自転車
Mt.富士ヒルクライムにエントリー
今年で5回目を迎える「Mt.富士ヒルクライム」は6月1日に開催されます。
f0116066_14332338.jpg

一般エントリーは3月4日からなのですが、自転車雑誌「funride」の定期購読者は、2月20日から先行エントリー出来るということなので、早速、昨日エントリーを済ませました。

去年に引き続き、今年も頑張って自転車で富士登山をしてきます。

あんまり、上り坂は好きじゃないのですが…。

当日は、晴れて、富士山がキレイに見えるといいのにナー。

昨日は、エントリーを済ませてから、天気も良かったので、木津川沿いを70kmほど軽く自転車で走ってきました。

徐々にトレーニングしておかないとネ。

ちなみに、雑誌はファンライドだけでなく、サイスポバイクラも毎月購読して、日夜、自転車情報収集に努めています。
f0116066_14334059.jpg

[PR]
by drsono | 2008-02-22 14:34 | 自転車
富士ヒルクライムのDVD
自転車雑誌「ファンライド」から、今年の富士ヒルクライムの様子を収録したDVDが発売されています。
f0116066_16103917.jpg

もちろんイベントに参加した僕は、このDVDを買いました。

完走者全員のゴールシーンが収録されているのですが、肝心の僕のゴールシーンは斜め前の選手の陰になってしまっていました。残念!

次回出場する時はカメラ映りを考えて、ゴール前の密集を避けて、集団の先頭でゴールするように走ろーと。

その代わり、スタート前、チーム・サカタニのみんなと一緒にいるところが収録されていました。ラッキー!
f0116066_16112799.jpg

スタート直後のシーンでは、密集を避けて、カーブの外側を走ったのが幸いして、ちょうどカメラの前を通過。

バッチリいい感じで映っていました。
f0116066_16154057.jpg

参加した人は記念に、また、参加を考えている人にはイメージ・トレーニングにいいと思います。
[PR]
by drsono | 2007-08-06 16:21 | 自転車
富士山を自転車で登る達成感
第4回Mt.富士ヒルクライムから帰って、「日本一の富士山を自転車で登ってきた」と、言っても、相手があまり自転車に興味のない人の場合「えーっ、自転車で登ったのー?」と、一様は驚くものの次には「でも、しんどいだけちゃうん。そんなん面白いんか?」と、理解不能のようです…。
f0116066_14403136.jpg

普通、自転車に乗っていて一番イヤなのは、坂を上ることでしょう。

その坂を25km近くただ上るイベントに4000人以上の人が集まり、楽しんでいるなんて理解出来ないようです。

もしかして、変人、いや変態のように思われているかも?

でも、そう思っている人も一度富士山に登ると、その達成感に酔い「来年も!」と、闘志を燃やすはずです。

マウンテンバイクでも参加出来ますし、もし少しでも興味があるなら参加すべきです。

必ずハマりますよ!僕も実際走ってみて、Mt.富士ヒルクライムは、レースというより富士山を自転車でみんなで登るイベントみたいなところがあって、レーサーからビギナーまで誰でも参加し易いと思いました。

必ずや、一生の思い出になるはずです。
[PR]
by drsono | 2007-06-08 14:43 | 自転車
第4回Mt.富士ヒルクライムに参加!
6月3日は、富士山を五合目まで登る富士スバルラインを全線車通行止めにして第4回Mt.富士ヒルクライムが行われました。
f0116066_1735478.jpg

レース前には憧れの今中大介さんとツーショット、感激!
f0116066_1725951.jpg

今中さんは僕と同い年(昭和38年生まれ)で、日本人で初めて世界最高峰の自転車レースのツール・ド・フランスに出場された方なんですよー!

その人とツーショットですよー!

レースは、朝の7時から年齢層別に順次スタートですが、僕と同じ組に俳優の鶴見辰吾さんも居ました。

延々と約25km五合目まで登りです。

途中、自転車雑誌ファンライドの編集長に抜かされました。

「編集長がんばってー!」

と声をかけると片手を挙げて答えてくれました。

編集長は速かっです。

僕は、もっとトレーニングしないと…。

キツかったけど目標タイムはクリアして、ホッとしています。

何より「俺は日本一の富士山に自転車で登りきったぞー!やったー!」という達成感がすごく気持ち良かったです。サイコー!

また、この興奮と幸福感を仲間と共有できるって、スポーツの素晴らしいところだと思います。
f0116066_1744153.jpg

五合目のゴールから下山して来ると地元名物の「吉田うどん」がふるま われ、下りで冷えた体を温めてくれました。

美味しかったです。

大会を支えて頂いた地元の方達にも感謝です。

今回初めての参加でしたが、来年も自己記録更新を目指して挑戦してみたいです。
f0116066_1755167.jpg

Teamサカタニのメンバーのおかげで、さほど緊張もせず、仲間と楽しい時間が過ごせてとても充実した一日でした。
[PR]
by drsono | 2007-06-04 17:29 | 自転車



大阪のソノクリニック院長 薗雅宏のブログ
by DrSono
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
薗 雅宏 masahiro sono
日本形成外科学会専門医

昭和38年、大阪府豊中市に生まれる
昭和57年、金蘭千里高等学校卒業
昭和63年、近畿大学医学部卒業、近畿大学医学部附属病院形成外科入局
平成7年、形成外科専門医取得
平成9年、若草第一病院形成外科医長
平成11年、ソノクリニック開業

形成外科・美容外科・皮膚科・レーザー治療科 ソノクリニック
http://www.21vin.com/


ソノクリニック

サイクリストのための美容講座
無類の自転車通である薗 雅宏がお届けする、サイクリストのための美容講座
カテゴリ
タグ
以前の記事
検索
ライフログ
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧